<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10年の価値

先日、10年以上コツコツと積み上げてきた本を1/3程売ってみた。
単に置く場所がなくなったからなんだけどね。


その数 400冊OVER!
(内訳:小説180+マンガ250+雑誌・CD・DVD・GAMEその他)


もう持って行くのも面倒だったんで家に買い取りに来てもらった。
いろいろ思い入れとかあったんだよ。
結構いい金額の本とか探しに探して買った本とか。
10年とか買い続けてんのもあったし。



結果 14,000




あれだね、本って持ってても価値下がるだけなんだね。
上がるのはやり遂げた感ともったいない指数だけ。
あと、全巻コンプしてようがなんだろうが価値ってないんだね。
ただ新しいか古いかだけ。



なんか、悔しかったのでその金でこんなの買ってやった。

b0070094_12345375.jpg

完成したら本棚の空いたスペースにでもかざろう♪
[PR]

by timlock | 2007-08-23 12:38 | 日々のいろいろ

最近の若いヤツは・・・

ってのは古今、旧世代で使われる変わらぬ流行語ですね。
いや、ふと↓を思い出したもんで





はがねを鍛へるやうに新しい時代は新しい人間を鍛へる

宮沢賢治

[PR]

by timlock | 2007-08-22 14:39 | 日々のいろいろ

なぜ車のタイヤはなくならないのか

一昔まえのSFマンガや近未来映画なんかによく宙に浮く車ってでてきましたよね。走ってる途中でタイヤが水平になって格納されてってヤツ。

ケータイやら薄型テレビやら、むかし夢見た近未来は結構実現されていってると思うんですけど車が飛ぶ気配はまったくありません
車どころかバック・トゥ・ザ・フューチャーみたいにスケボーが宙を浮くことすら実現できていない。
反重力とかロケットエンジンとか大層なモンは無理にしても、空圧で飛べるようにできたりしないのかなーとか思ってたんですが・・・

気がつきました。






ダメだよそれじゃ







だって、空圧で飛ぶと砂埃が舞うじゃないですか。

今の車がみんなそんなだったらすごい量の砂埃じゃないですか。

そうすると大量の粉塵で太陽光を遮断しちゃうじゃないですか。

そしたら気温下がったり作物が育たなかったり生態系が狂ったりしちゃう。


車は浮かせちゃダメなんだな・・・











で、あることを思い出して なるほど! と思いました。










だから手塚治虫のSFマンガは
筒状のレーンを走ってたのか!






あれなら空圧でもいけるし、リニアモーターカーみたいに磁力でも可能。
なんらかのエネルギーを使ったとしても排ガスによる大気汚染を防ぐことができる。

マンガ家の想像力ってスゲーなぁとか思いました。
なんにでもそれなりの理由ってあるんだね。
[PR]

by timlock | 2007-08-08 18:48

技術力の底上げ

またまた単なる思いつきです。


最近ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やブログシステムのサイトが増えましたねー。
なんでも世界中で使われているブログの言語は日本語が一番多いんだそうです。
仕事でもSNS・ブログシステムを構築する仕事がかなりの割合いをしめてきたんですけど、なにがすごいって仕事で実用可能レベルのシステムがオープンソースであるということ!
XOOPSやMT、OpenPNEから、Apache・Linux・SQL・Firefox、etc・・・
フリーウェアにしても便利なものが山ほどあるし。
考える程にほんとすげーなぁと思います。


でも、なんでタダなんだろう・・・
自分が便利だと思うもの作って、どうせならみんなにもって考えで?
発売前のベータ版をテストしたくて?
技術力の向上を目指して試作するから?
世界基準を作りたくて?

まぁ、いろんな理由があるんだろうけど、一般ユーザーとしてはその恩恵にあずかれるんだから感謝感謝です。


でも、SEの方たちのブログや掲示板をみてるとあまり報われてる様にも思えません。大体の人が拘束時間が長く、対価が低く、顧客に振り回され・・・
いや、現場を知らないんで読んだり聞いたりしたことからの憶測でしかないんですけど。
もっと評価されてもいい職業だと思うんですよねー。



さて、本題です。
そんなこんなをいろいろ考えててこんなのあったらいいなと思いました。



オープンソースSNS


SNSがオープンソースなのではなく、オープンソースのソフトウェアを開発・改良・ダウンロードするSNS
で、製作者は1ダウンロードにつき加金されていって運営側から報酬が入るシステムなんてどうだろう。
これなら半端なシェアウエアより集金できそうだし、製作者のモチベーションもあがるんじゃないかな。もちろん同じIPからのDLは2回目以降カウントしないとかアップデートDLのカウント方法とかのルール決めは必要だろうけど。
オープンソースなら改良・アップデートも頻繁に行われるだろうし、なにより、業界全体の技術力があがるはず。
あと、ユーザー側からすればタダで便利なソフトやシステムが使える!



ちなみにスポンサーにデジタル機器関連企業をつければ元は取れると思うんだよね。製作者が報酬でデジタル機器を購入する確立はかなり高いだろうから、出資した分はある程度戻ってくる訳だし。

それに企業側は即戦力となる人材を見つけやすくなるし、製作者はソフトウェアを通じて自分をより高く売り込むこともできる。
既存のソフトウェアの売り上げは落ちるかもしれないけど、よりプロ仕様のソフトは購入って位置づけで展開できれば遺法コピーも少しは減るんじゃないかな・・・


結構いい影響が各方面に見込めると思うんだけどどうだろう。
誰かやってくれないかなー。




【期待できる効果】

●システムエンジニア
技術力の向上
対価によるモチベーションの向上
オープンソース化する事により多方面からの検証・改良が可能
就職・転職をする際、企業に対して技術力・発想力のアピール・証明


●広告主
特定顧客層および利用ユーザーの販売シェア拡大
新製品のモデリング・リサーチ


●ソフト開発関連企業
即戦力として求める人材の雇用機会アップ
プロ仕様のソフトを必要としない一般ユーザーによる遺法コピーの減少
新製品のモデリング・リサーチ


●一般ユーザー
ソフトを無料で利用



【考えられる問題点】

企業によるソフトウェアの開発・販売の縮小
ウイルス感染の拡大

[PR]

by timlock | 2007-08-04 19:18 | 日々のいろいろ

太陽ってうまく使えないかな

環境問題が深刻化してますね〜。
ってことでエネルギー全般を太陽光でまかなえればいいのにといつも思います。
とりあえず地球よりは寿命長いんだから無限のエネルギー源といっても過言ではないはず。石油もガスも使ったら無くなるモンだしね。

ただ、太陽光発電は無茶苦茶コストがかかるって話を聞いた事あります。なんでも製造コストと発電コストが高いんだって。
結局、一番の障害は技術力みたいです。
風力発電もコスト高なうえ、安定供給に問題があるとかないとか・・・
一番安価なのは原子力発電らしい。
まぁ外交的な問題で代替エネルギーを大々的に移行できないってのもあるだろうけど。
国を挙げて画期的なのに換えちゃうと「もうオマエんトコには石油売らね!」ってことになったりするんだろうし・・・


でも太陽光っていうクリーンエネルギーは大気汚染も抑えられるし、大気がキレイになれば、より高い熱量の太陽光も採取?しやすくなるんだからなんとかならないもんかな。
もしくはソーラーレイみたいな衛星飛ばして凝縮したエネルギーを変換施設に飛ばすとか。
地面掘って油田を探すよりよっぽど建設的な気がします。
(たしかアメリカで実用間近とかニュースで読んだ気がする)






と、ここまで考えて、ひとつの問題に気付きました。






衛星から凝縮した太陽光エネルギーをピンポイントで飛ばせる技術ってのは、要は、

かなり強力な兵器として使えるってことですね。
迎撃も攻撃もMD・核なんかより低価格で数段効率よく。


核・ネット・飛行機・ヘリ・ロケット、etc・・・
画期的な技術って軍事目的で使うとより効率的に人殺しができるってことが多い・・・
いや、軍事目的で作ったモノが日常生活に浸透してるのかな・・・

何かに光をあてると必ず影ができる自然の理って、全てにおいて当てはまる物事の原理なんだろね。
プラスの物事にはその影響に比例したマイナスも存在する・・・


なんか世の中って難しい。
[PR]

by timlock | 2007-08-01 18:43 | 日々のいろいろ