手術したら20倍になった

さて、術後一週間がすぎました。
順調に治りつつあるようで週明けに抜糸だそうです。
ただ無理して傷が開くともう一度塞ぐのに一ヶ月かかるんだって・・・
もういっときは慎重に生活しないと後が面倒くさそうです。


で、血液検査の結果も出たのですが手術前と術後を比べ






CPKの数値が 20倍 になってました!

基準値:50〜230
結 果:2217   すげー数値だなオイ

■CPK(クレアチンキナーゼ)とは
骨格筋や心筋、脳などに多く含まれる酵素で、ATPの再生産などエネルギーの代謝に関係している酵素です。
(略)
体を動かす筋肉や心臓の筋肉に多く含まれていますので、これらの筋肉が障害を受けると血中濃度が上昇します。このようにCK(CPK)は筋組織の障害の指標になる酵素です。



つまりこういうことらしい
手術で筋肉を剥いでるから、その影響でしょう。
徐々に落ちていくでしょうけど今の数値だと腎臓にかなりの負担がかかってます。1000以上の数値が続くと最悪腎不全になる可能性がありますので対処として水をたくさん飲んでください。



あと、AST・ALT(共に肝機能系)の数値も基準値を超えてました。体を修復するためにおもいっきり負担かけてるときに酒で追い打ちかけちゃいかんよなぁ・・・

・・・

・・・…

・・・…・・・


つーことはですよ、
数値が正常値に戻るまで、、



酒呑めない上にあと数回は血液検査
ってことですね・・・




ここ二ヶ月間、歯医者+形成外科で週一回は麻酔か採血してます。

針だいっきらいなのに・・・



追記


抜糸すみました。しかも1分で
さすが1針縫合ってことなんでしょうね。
ついでに腫瘍の病理検査の結果も出ました。無事良性で一安心=3


追記2


7月25日に血液検査した結果がでました。
無事正常値に戻ってました。
しかし、お医者さんいわく、
「もう少し数値落ちるのが遅かったら入院させるとこだったw」とのこと・・・
あぁ、手術ってやっぱこえーな




脂肪腫手術その1



脂肪腫手術その3(手術後の傷跡4ヶ月半経過画像をアップしています)
[PR]

by timlock | 2007-07-06 16:40 | 日々のいろいろ